スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
勝手に想像
TOP ▲
Coast to Coast Motel

G. Love & Special Sauce
Coast To Coast Motel


間にいろいろ挟みまして、95年のセカンド・アルバムを。
このアルバムを最初に聴いた時、1曲目"Sweet Sugar Mama"(そんなタイトルだったのか)のベースのリフがLed Zeppelinの"Moby Dick"だったのがインパクトを高めたのか、なかなか格好良いね、という印象を持った。
でも、しばらくすると、アルバムとして地味に感じ始め、聴いていても途中でだれてしまうようになり、いつの間にか聴かなくなってしまった、そんな1枚。

で、最近久々に聴いてみたて、やっぱり地味だなと思った。
ファースト・アルバム参照)と同様の路線を守りつつ、ファーストにはなかったようなポップな曲(4曲目の"Kiss And Tell")もあったりする一方、地味な曲はさらに地味だったり、結局、全体的には地味な印象だ。
でも、これが駄作かというと、そう言う訳でもなく、これはこれでシンプルで良いなと思う。
この前後のアルバムと比べるとあまり目立つ要素が少なく、やっぱり地味な、以前と変わらぬ印象だったが、もう少し細かいところまで耳が届くようになったからか、ちょっと見直したかな、という感じ。
ラストの弾き語りはなかなか聴かせます。

ちょっと話は逸れまして。
1曲目の"Moby Dick"のリフの引用の仕方が、少しヒップホップ的で面白いなと思いながら、もしかしたら、"Moby Dick"自体が何かのブルースの曲からの引用で、この1曲目のリフはどっちかと言うとそのオリジナル方の引用だったりして、なんてちょっと思った。
引用上手(?)なLed Zeppelinならそれもあり得るし。
というのは勝手な想像なので、無視してください。



桜だらけ。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2008/04/08 22:17] | Rock | トラックバック(0) | コメント(4)
この記事のURL | TOP ▲
≪短いけど、好きなことは確かです | ホーム | 孫ですか≫
コメント
>そのオリジナル方の引用だったりして

その感覚わかる。
ツェッペリンの「IN MY TIME OF DYING」がボブ・ディランのカバーかと思っていたら、原曲はもっと古いものだったのとかね。

あ、ちなみにこのG.LOVEのアルバムは聴いたことないです。
[2008/04/09 01:14] URL | DT+Cui [ 編集] | TOP ▲
>DT

>原曲はもっと古い

そう、そんな感じ。
この場合、リフだけなんだけどね。

>このG.LOVEのアルバムは聴いたことない

あ、そうだっけ?
そうだったような気も。
[2008/04/09 09:18] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
モビーディックは、リフが終わって、ドラムソロに入るところで、3人がステージから降りる瞬間がかっこ良いんですよねぇ(と、強引にZeppネタにもっていったりして。。。)

熱狂のライブでは、3人が居なくなったところで早送りです(笑)。
[2008/04/09 21:32] URL | たけ [ 編集] | TOP ▲
>たけさん

Zeppネタには必ず乗ってくれるね。
Zeppの話じゃないんだけど。(笑)

>3人が居なくなったところで早送り

そうなんだ。(笑)
結構、ソロも見ちゃいます。
[2008/04/09 21:38] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/834-45760f61
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。