スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
円熟、と言えましょう
TOP ▲
Yoshihide Otomo

大友良英 × 山本精一
04/10/08 Pit Inn - Shinjuku, Tokyo, Japan


こんな組み合わせなので、もちろん興味津々だったのだけれど、今月はいろいろとあるしやめておこう、なんて思っていた。
でも、先月の山本さんの個展を見て、大いに刺激を受けて来た友人から、「これ行かないの?」とメールがあり、チケットも手配してくれるというし、すっかり行く気になってしまった。
そんな訳で、大友良英2Dayの1日目。

登場するや否や、今日は3セット、でも、終電にはちゃんと配慮しますから、とのこと。
おお。
でも、多分、トータルで普段と同じく、10時半から11時終わりってところだろうと推測する。

まず、ファースト・セット。
メロディーともつかぬようなメロディー、不安定なアルペジオ、不協和音、いろんな静かなノイズ、などなど、様々な音が2本のギターから繰り出され、交錯する。
そんな感じの曲が、4曲だか5曲だか、たしか40分ほど。
どこからどこまでが決められていて、どこからどこまでが決められていないのか、まったく分からないけれど、結構綿密に準備されていたような雰囲気。
このセット最後の曲では、大友さんが歌う場面も。
後のMCで、この日がステージ上で歌うのが初めてであることが分かった。
お世辞にもうまいとは言えないけれど、ぼそぼそ歌う感じが朴訥で、歌詞にも合っているし、結構好きな感じだ。
全編、とにかく緊張感が凄く、思わず聴き入ってしまった。

セカンド・セット。
ギターを弾くのではなく、ギターとアンプ、エフェクターから出される、サーーーーというノイズや、フィードバック音などを自在にコントロール。
多分、2曲で30分強ってところだったと思う。
ノイズってここまでコントロールできるのかと感心するばかり。
ジッと聴いていると、自分がどこにいるのか分からなくなるような感覚。
今回、後ろの方の座席に座っていたので、この音を浴びながら前の方を見ると、ずらっと人の頭が並んでいる光景が飛び込んで来て、不思議な、妙な気分になった。
とにかく、凄い。
ノイズ・ラモーンズを思い出す。
いや、あれより凄いかも。

そして、サード・セット。
綿密に練られた感じのファースト、セカンドに比べると、かなりラフな演奏で3曲ほど、多分、40分弱ってところか。
1、2曲目は、とにかくメチャクチャ、でも、キャリアを感じる演奏で、こういうのもやっぱり聴きたいよねえ、という感じだった。
単純に面白い。
そして、3曲目が凄かった。
ちょっとトム・ヴァーレインのアルバムを思い出すようなところもあり。
これもまた、どこからどこまでが決まっているのか、そうでないのか分からないけど、フレーズやらノイズやら、構成力やら、すべて圧巻としか言いようがない。

で、アンコール。
ひとしきり、ヴォーカル・デビューした大友さんが茶化された後、サード・セットの流れで、ラフ目の演奏で1曲。
これで終わりかと思いきや、話の流れで、もう1曲歌入りの曲を。
大友良英2Daysの2日目、これを今書いている、たった今行われているはずのライブで演奏予定という「座頭市」。
前半を大友さんが、後半を山本さんが歌う。
大友さんの歌も味があり良かったが、山本さんが素晴らしかった。
声の出し方も安定しているし、とても歌い慣れた様子。
一般的に言って、うまい、というのではないけれど、自分声で、自分の歌い方で歌えるという意味では個性があり、やっぱりうまい。
この辺は、キャリアの差(?)だろうか。
もっとお二人の歌ものを聴いてみたくなった。

という訳で、予想通り、終了はいつも通りの時間。
大満足のうちに終了。
セットで言うと、セカンドの意識を持っていかれる感じがとにかく凄かったが、他のセットも甲乙付け難い。
ライブ全体の構成から、細かいところで言えば、フレーズの間、一音一音の間、音のコントロール、すべてに円熟を感じた。
半ば、無理矢理行ったようなライブだけれど、これは行って良かった。
すると当然、2日目の方も見たくなる(というより、元々見たかった)訳だけれど、次の日朝早いので、我慢...。

で、明日から大阪です。



遊んでみました。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2008/04/11 22:46] | Live | トラックバック(0) | コメント(6)
この記事のURL | TOP ▲
≪行ってきまして、帰ってきました | ホーム | 短いけど、好きなことは確かです≫
コメント
僕は、今日の二日目に行ってきました。

SORAって曲で聴かせてくれた、大友さんのギターのディストーションが、やたらとかっこよかったです。
山本さんのうた、初めて聴きましたが、いいですね。

そして、今日は浜田真理子さんも参加されて、こちらも僕はライブで聴くのは初めてでした。というか、浜田さんが来るから今日のライブに行こうと思ったくらい。
ソロも一曲やってくれて、15日のクワトロライブに行けない身としては嬉しかったです。のこされし者のうたって曲でした。

今日は歌ものの日でした。ピットインは超満員。
[2008/04/11 23:55] URL | sat [ 編集] | TOP ▲
>satくん

え?行ったの?
いいな~。
山本さんの歌、いいよね。

>ピットインは超満員

金曜日だしね。
あそこで満員の時はあまり好きじゃないんだけど、それでもやっぱり行きたかったな~。
うらやましい!
[2008/04/12 00:01] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
大阪~
こんにちわ。

>で、明日から大阪です。
道中、前後不覚にならない程度に楽しんでくださいね(笑)。

あっ又Liveに触れていない書き込みをしてしまった・・・。
[2008/04/12 00:28] URL | falso [ 編集] | TOP ▲
>falsoさん

>前後不覚にならない程度に

その辺は、大丈夫、なはずです。(笑)
とにかく、楽しんできます。
ありがとうございます。

>Liveに触れていない書き込み

いつものことです。(笑)
[2008/04/12 00:38] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
SORA
この曲はいいですね。

ギターを弾かず、コントロールされたノイズとフィードバック演奏。
私は吉祥寺の銭湯で聴きましたが、持っていかれますね。
特に風呂だったし、まさに音響。
[2008/04/12 12:19] URL | Mongo [ 編集] | TOP ▲
>Mongoさん

銭湯ですか?
それは凄いですね。
と思って、過去の記事を読み返してみましたよ。
貴重なライブですね。

>コントロールされたノイズとフィードバック演奏

これ、ほんと凄いです。
[2008/04/14 22:50] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/836-94b4173e
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。