スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
貴重な光景
TOP ▲
Daxophone

上野洋子(vo)内橋和久(g)芳垣安洋(ds)
05/01/08 in F - Ooizumigakuen, Tokyo, Japan


内橋さんと芳垣さんがin Fに出演ということで興味を持ったが、上野洋子さんという方は全然知らない。
そして、ヴォーカルとのこと。
インプロでヴォーカル入りとなると、好みでなかった場合のリスク(と言うとちょっと大袈裟だけど)が、他のパートに比べて少なくとも自分にとっては大きいので、ちょっと賭けだった。
でも、内橋さんと芳垣さんがこんなに近くに来てくださるなら(?)、という気持ちの方が大きく上回り、行ってみました。

で、行ってみると、予約で満席、立ち見あり、とのこと。
in Fへは、過去3回ほど行ったけれど、初めてだ。
数日前に、ふと思い立って予約を入れておいて正解だったようだ。
調べてみると、上野さんにはかなり根強いファンが多いようなので、なるほどと納得。
比率としてはどのくらいだったんだろう。

で、ライブです。
アンコールまで含め、ファースト、セカンド、共にちょうど1時間ほど。
曲(区切り?)数にして、ファーストが2、セカンドも(たしか)2、アンコール1と言ったところ。
ファーストは、インプロながらもしっかり構成されたかのような展開。
上野さんのメロディーに対し、瞬時に反応する内橋、芳垣両氏が毎度のことながら見事。
3人のうち、誰が仕掛けるかによって、雰囲気が変わるのが、これも毎度のことながら面白い。
上野さんは、小さいゲーム機くらいの大きさの、サンプラーのようなもの、キーボード、ピアノを使用、内橋さんはギターの他、ダグソフォンも少しだけ使っていた。
セカンドは、ちょっと遊びの要素が強くなり、会話に出て来た「ブルース」と言う言葉を上野さんが歌に取り入れ、その後「ボサノヴァ」から「ジャズ」へ。
まあ、言葉通りの雰囲気の演奏だったのは「ジャズ」だけだったけど。

初めて見る上野さんは、インプロ慣れ(?)している様子ではあったけれど、一般的に言って分かりやすいメロディーが自然と出て来るような、最近自分が好んで見に行くあたりではまだ見たことがないタイプという印象。
今回、その音楽性に興味を持ったかというと、そこまでではないものの、良い意味で変に癖がないので、なかなか面白く聴くことができた。
内橋さん、芳垣さんについては、もう言うことないです。
初めての組み合わせにて、また新たな引き出しを垣間見たような感じ。

で、アンコール。
ライブの途中から見に来ていた芳垣夫人が呼び出され、何を演奏する?と言うことで、ピアノに落ち着く。
そして、上野さんはヴォーカルに専念。
芳垣さんは、上野さんが使っていたマシンに興味津々な様子で、少々使い方を教えてもらい、そのままそれを使用。
すると、内橋さんは、じゃあドラムを、と言うことに。
内橋さんのドラムは、以前マニさんとのデュオで少し見たことがあるけれど、高良さんのピアノは初めてだ。
途中、マシンに飽きた芳垣さん、今度はダグソフォンへ。
しかし、いろいろ試すも思うように音が出ず、ほとんどギー、とかそんな音。
演奏の方は、まあ、ほんとのほんとにお遊びだったけれど、こういうのは、例えばピット・インなどではあり得ないし、曲間に交わされる会話も含め、こういう会場ならではの貴重な体験だ。
もう二度と見られない光景かも。

そう言えば、セカンド開始時のお店の方の話。
保谷から大泉学園に移転して今年でちょうど10年だそうで、移転後初のライブが内橋さんと芳垣さんのデュオだったそうだ。
見たかった。
とは言っても、その頃、in Fはおろか、内橋さんや芳垣さんの存在すら知らなかった訳で、かなうべくもなく。
また、いつかやってくれることを期待。

と言う訳で、今回も面白かったです。



もう桜という時期でもないですけど、桜です。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2008/05/02 23:17] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪Wilco好きにはどうですか? | ホーム | ちょうどよい力加減≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/850-42da6174
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。