スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
Wilco好きにはどうですか?
TOP ▲
Per Second, Per Second, Per Second... Every Second

Wheat
Per Second, Per Second, Per Second... Every Second


数日振りにWheatの続きです。
2003年のサード・アルバム。
前作を聴いて、いたく気に入った(参照)ものの、忘れかけていた頃にリリースされ、迷わず(たしか)手に入れたもの。
歪んだギターが、皆無ではないが少々後退、音もクリアになり、パワフルに変化した、という印象を最初に持った。
それは良い印象ではなく、最悪というほどではないけれど、変わってしまったなあ、という感じだった。

でも、しばらくして曲の良さに気付くと、あっという間にそれらの印象も覆り、むしろもの凄く成長、スケールアップしたなと思うまでになった。
そして、しばらく愛聴。
その後も、そう頻繁ではないものの、たまに思い出したように聴いている。
と言うのは、最近までこのバンドの作品は、このアルバムしかiPodに入れていなかったから、と言うだけなんだけど。

と言う訳で、例によって気に入っているものに関してそれほど書きたいことを思いつかず。
でも、久しぶりに聴いてみて、やはり曲の良さ、ヴォーカルの声とメロディーの良さを実感した。
前作と比べると、とても堂々としていて、妙にカラフル。
もちろん前作の少々地味な感じもとても好きなのだけれど。
とは言え、一般的に言うとこれも地味な部類かも。
まあ、その辺はどうでも良いですね。
ともかく、良いアルバムだと思う。

そう言えば、先日ちょっと友人宅でのバーベキューの時、Wilcoのライブ盤を聴かせてもらって、とても素晴らしかったのだけれど、Wilco好きにこのバンドはどうだろう?とふと思いました。



数日振りに、京都です。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2008/05/06 21:33] | Rock | トラックバック(-) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪最初っぽい | ホーム | 貴重な光景≫
コメント
僕はWilco好きです。JayhawksやRyan Adamsなどももちろん好きです。
で、ちょっと試聴したらメロディあたりがニック・ロウやブライアン・フェリーなどにも通じるような雰囲気ですね。
今までこのバンド知りませんでしたが、変化してとまどったというのはオルタナ・カントリー風からブリティッシュ・ポップ寄りになったということかな。
いずれにせよ僕は好きです。
[2008/05/07 08:20] URL | アキ [ 編集] | TOP ▲
>アキさん

>ニック・ロウやブライアン・フェリーなどにも通じる

そうなんですか。
その辺り、全然聴いたことがないのです。

>変化してとまどったというのはオルタナ・カントリー風からブリティッシュ・ポップ寄り

いや、そこまでの劇的な変化はないです。
もともとメロディーの良いバンドなんですが、より歌重視になったような、そのくらいの感じです。
一つ前のアルバムでの、適度にノイジーなギターが好きだったので、その辺に戸惑ったのです。

良かったらお試し下さい。
[2008/05/07 10:59] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。