スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
ピットインも行きたいけど
TOP ▲
IMGP6044

Kasper Tranberg Japan Quartet
05/11/08 Motion Blue - Yokohama, Kanagawa, Japan


なんとなく未だに買いそびれているのだけれど、1年ほど前に買ったアルバム参照)がとても良いので、他の作品も聴いて見たいとずっと思っていた。
それとは別に、来日することがあるならぜひ生で見てみたい、とも思っていた。
で、他のアルバムの方は未だ聴いていないが、先日、南さんのスケジュールをチェックしていて今回の来日のことを知り、これは行かねば、ということで行ってみた。

今回は、ベースの水谷さんのグループのレコーディングへキャスパー・トランバーグが参加するための来日だそうで、残念ながらレギュラー・グループでの演奏ではないのだけれど、ピアノが南さん、ベースが水谷さん、ドラムが外山さんと来ればそれはもう。
そして、やっぱりピット・イン、と思いきや、その日はソニー・ロリンズのライブへ行く予定になっていたため、断念。
さらに、さすがに平日の鎌倉は無理。
横浜モーション・ブルーはやや遠いけど、日曜日だし、その上普段よりもスタート時間が早いので、それも良さそうだなと考え、とは言えほぼ消去法により決定。
他に比べやや高くつきそうなのは、諦めまして。
ちなみに、モーション・ブルーは2回目。
最初に行ったのは2年半ほど前、与世山澄子さんだ。
そう言えば、その時もピアノは南さん。

と言う訳で、スタート。
1曲目は、前述のトランバーグのアルバムに入っているし、南さんのGo There!でもよく演奏する"Window In The Sky"から、というのがとても憎い。
しかも、どちらのアレンジとも違い、より、ゆったりした雰囲気。
その後、トランバーグの曲を中心に、南さんの曲を時々交え、という感じで進行。
南さんのピアノを中心とするグループにトランバーグが加わったような、そんな印象。
でも、とても息が合っているし、素晴らしく相性が良い。
皆さん、それぞれ素晴らしいのだけれど、まず耳と目を奪われたのが久しぶりに見る外山さん。
あの叩き方にして、あのグルーヴとスウィング感。
一体、どうなっているのかさっぱり理解できず。
3曲目あたりのトランバーグとの掛け合いが非常に面白く、聴きどころのひとつだった。
たしか5曲ほど、ちょうど1時間で終了。

そして、セカンド・セット。
さらにギュッと集中力が増す。
曲名などは全然憶えていないけれど、どれもアルバムで聴いていたのとは全然異なる雰囲気。
少なくとも唯一聴いたことのあるアルバムではアンサンブル重視だけれど、今回はトランペット(時にはフリューゲルホーン)をじっくり聴かせることが多かった。

途中、南さんがマイクをセット、何をするのかと思えば、朗読を始め、残りの3人がバックに演奏をつけるという趣向。
中身は、当然、近日発売のほんの一節。
筋は省略するけれど、なんか凄い話。
面白そう。

そんなこんなで、かなり省略してるけど、アンコールではトランバーグと水谷さんのデュオ。
曲名なのか、"Bamboo Forest"と言っていたが、少なくとも日本や東南アジアなどの竹林をイメージした曲らしい。
デンマークには竹林はないらしいです。
静かな演奏で、とても印象的な曲だった。
素晴らしい。
セカンド・セットも、アンコール込みでちょうど1時間で終了。

正直なところ、期待していたのはトランバーグのアルバムで聴けるようなものであるけれど、単身での来日でメンバーは日本のミュージシャンばかりだし、今回のような内容は当然か。
それにこの組み合わせによる演奏もそう機会はないだろうし。
そして、そうとは思えない演奏により、メンバー4人の凄さを改めて実感することができたし、楽しむことができたと思う。

てなところで、納得の行く席で見たかったので早めに入ったから、演奏開始までの1時間半、セットブレイクが1時間、合計2時間半は飲んだり食べたり。(ちょっとね)
それに対して演奏時間は2時間。
ファースト・セットが終わると帰る人達も結構いたりして。
レストラン感覚なんですかね。
別に良いとか悪いとかではないけれど、この場に不慣れな自分はちょっと驚く。
やっぱりピット・インへも行きたいかも。
きっとまた違った雰囲気を味わえるだろうし。
残念。

ライブ前、あそこの国の工作船を鑑賞。
面白いというのとは違うけど、いろいろな意味で見る価値はあると思いました。
IMGP6073

帰りは当然、赤レンガ倉庫。
実は、これも目的だったりして。
IMGP6145



こっちは仁和寺です。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2008/05/12 23:17] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪大阪のお土産、のようなもの | ホーム | あっという間≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/855-b2b9c310
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。