スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
大阪のお土産、のようなもの
TOP ▲
New Beginnings

Don Pullen
New Beginnings


先日大阪へ行った際、Sonnyさんのお店でいろいろと聴かせてもらった中の1枚。
ドン・プーレンという名前だけは知っていたけれど、どんなスタイルのピアニストかまでは知らず、特別興味があった訳でもなく、でも、何と言うかとてもハッとする感じだったので帰ったら探してみようと思った。
で、さっそく探してみると、どうやら廃盤。
しかし、さて、どうするか、なんて思っていた矢先、運良く中古盤を見つけた。
嬉しい。

そんなこのアルバムは、88年作。
メンバーが、プーレンの他、ゲイリー・ピーコックにトニー・ウィリアムス、というのはSonnyさんのところでは全然知らないまま聴いていて、CDが手元に届いて知りさらに嬉しかったという興味深い組み合わせ。
音の方は、躍動感に満ちあふれ、一本ピシッと筋が通った感じで、聴いていて気持ちがいい。
トニー・ウィリアムスがイメージよりもおとなしく(だと言い過ぎかも)聴こえたけれど、ピアノとベースがグリグリ行くのでメリハリを利かせた感じだろうか。
実のところ、未だマイルス時代くらいしか碌に聴いたことがないというのもあるし、もうある程度年を重ねた時期なのでそれも当然。
大人になった(?)トニー・ウィリアムス。

そして、やっぱり耳が行くのが、拳をグリグリやるというイレギュラーな奏法。
最初、聴き慣れない響きだったので、ちょっとばかり驚いたけれど、リズムが狂うことなくフレーズの中に自然に織り込まれるのがあまりに見事。
ただ、アルバムを通して、フリーっぽい曲だけでなく、静かな曲でも多用されるので、少々使い過ぎの感はなきにしもあらず、だけれど。
まあ、きっと自然に出て来てしまうのだろうし、面白いことはたしか。
さらに、それがすべてではないし、本筋でもないと思う。

という訳で、あのとき聴かせてもらわなければ、知らなかったかもしれない1枚でした。
感謝します。
何だかちょっと廃盤が多いような気配もあるけれど、そのうちジョージ・アダムスとのアルバムなど聴いてみたいと思っているところ。



桜、もう一息です。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2008/05/13 22:26] | Jazz | トラックバック(0) | コメント(4)
この記事のURL | TOP ▲
≪サックス、生えてるでしょ | ホーム | ピットインも行きたいけど≫
コメント
大好きでしたよ
ジョージ・アダムスとのカルテットの頃、2度ほど見たかな。山中湖半のジャズフェスで。
ドラムのダニー・リッチモンドもよかった。
ジョージさんはソロになってなんだか甘ったるくなってしまった気がしますが、ドンさんは最後までとがってましたね。
こぶしグリグリ、野外フェスでは盛り上がりますよ。
まねしたことありますが、痛くて無理です。
[2008/05/14 07:21] URL | Mongo [ 編集] | TOP ▲
>Mongoさん

おおお、見たことあるんですか~。
うらやましい限りです。
こぶしグリグリは、たしかに痛そうですね。(笑)
[2008/05/14 09:19] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
ちょっとお休みしてました
piouhgd さん、こんばんは。

プーレンは大好きなミュージシャンなので気に入っていただいて嬉しいです。
ジョージ アダムスとのアルバムならば同時代のブルーノート盤の完成度が高くておすすめです。
もっとやんちゃな感じのソウルノートの時代もいいです。
まぁ結局なんでも好きなわけですなぁ。
[2008/05/16 03:37] URL | Sonny [ 編集] | TOP ▲
>Sonnyさん

プーレン、面白いですね。
このアルバムもブルーノートなんですよね。
手に入れてから知りました。

>もっとやんちゃな感じのソウルノートの時代

もっとやんちゃなんですか?
このアルバムでも充分やんちゃに聴こえますが。(笑)
チェックしてみますです。
[2008/05/16 09:27] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/856-21165d53
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。