スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
牧歌的
TOP ▲
Tatay

Gorky's Zygotic Mynci
Tatay


先日、何気なく久しぶりに聴いてみたら、妙に良かったこのアルバム。
94年の、フル・アルバムとしてはファーストでいいのか、"Patio"を入れると2枚目ということになるけれど、まあ、そんな感じの作品。
これは当時もかなり気に入り良く聴いていたものだ。
なので、来日した時にも見に行ったし、この次くらいまでは聴いたのだけれど、何だか妙に冷めてしまい、気に入っていたこのアルバムさえ、ほとんど聴かなくなってしまっていた。

久しぶりに聴いてみると、お世辞にもうまいとは言えない演奏と、ウェールズ語という聴き慣れない言語による歌が、牧歌的でほのぼのとしていて、ああ、こういう感じだったようなあ、としみじみとしてしまった。
当時は、あまり気にしていなかったけれど、雰囲気も佇まいも結構サイケっぽい。
しかもB級の。
まあ、曲名に"Kevin Ayers"なんて付けるくらいだから、きっとルーツのひとつでもあるんだろうと思う。
あとはBelle & Sebastianあたりにも通じるかな、と思った。
まあ、要するに好きな音のひとつです。

でも、当時見たライブの方はというと、アマチュアっぽい演奏でほのぼのとした雰囲気ではあったものの、淡々として特に盛り上がる訳でもなく、妙に印象の薄いものだった。
その後を追いかけていないので、もしかしたらもっと成長したのかもしれないけど、少なくともまだその程度だったということだと思う。
あまり憶えていないけど、冷めてしまったのはライブを見てしまったからというのもあったのかも。

そんなところです。
でも、このアルバムは良いです。



今日は休みます。
back-woods song
[2008/05/16 23:20] | Rock | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪この浮遊感は良いかもしれません | ホーム | サックス、生えてるでしょ≫
コメント
このバンド、その昔Rockin' Onがやたらと持ち上げていたのが逆に胡散臭く思えてしまい、敬遠してしまっていました。ソフトマシーンの曲なんて演ってたんですね。

ライヴを見たから冷めてしまったというのはなんだかアーティスト生命の根幹に関わるような話ですね。僕の場合はデペッシュモードがそうでした。
[2008/05/18 12:17] URL | yas [ 編集] | TOP ▲
>yasさん

>Rockin' Onがやたらと~

その気持ち、分かります。
自分の場合は、Rockin' Onが嫌いだったのでほとんど読むこともなく、それが幸いしたのかもしれません。(笑)
でも、今から聴いてみる価値はあるかとなると、何とも言えませんねえ。


>アーティスト生命の根幹に関わるような話

ほんとですね。
単純に演奏力だけの話ではないんですけどね。
時はあまりその辺意識してなかったんですけど。
[2008/05/18 13:12] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/858-2244bcce
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。