スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
成長だったんですかね
TOP ▲
Bwyd Time

Gorky's Zygotic Mynci
Bwyd Time


95年の3枚目のアルバム。
このバンドを聴いたのはここまで。
特に理由は見当たらないけど、なんとなくピンと来なくて、いつの間にか興味がなくなってしまったから、としか言いようがない。
来日したのが、このアルバムが出てからだったか、出る前だったか、はっきり憶えてないのだけれど、ライブがまあまあだったのと、多少は関係があるのでは、と思う、と言うことは"Tatay"参照)の時にも書きました。

という感じなので、それなりに聴いていたとは思うのだけれど、内容に関してはほとんど記憶になかった。
で、ディスコっぽい曲調の1曲目を聴いた時、ありゃー、と思った。
本当に、記憶なし。
そして、これはやっぱり外れかなあと思いながら聴き進むと、ちょっと聴き覚えのある曲もあったり、だんだん悪くはないなと思うようになった。
で、さらに進むと曲によってはロバート・ワイアット化していたりして、徐々にサイケ色が強くなるあたりの終盤、なかなか良い。

これ以前と比べると、演奏面でも楽曲面でも素人臭さが薄れ、いろいろな面で成長していたのだなと感じた。
多分、以前、このアルバムをあまり気に入らなかったのは、音にまとまりが出て来たからではないかと思う。
久しぶりに聴いてみると、意外とその辺りも気にならなくて、思っていたよりも良いアルバムなんじゃないかとさえ思った。

そんな、ちょっとした発見でした。
もうちょっと聴いてみようと思います。



花、いろいろ。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2008/05/19 22:03] | Rock | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪平べったい感じ | ホーム | やっぱりダモさん≫
コメント
1995年でしたか
そうそう、これです。いちばん最初に買って聴いたヤツです。
3枚目だったんですね、しかも内容を憶えておりません。というくらいなので早々に売り払ってしまって、手軽に俯瞰することが出来そうな編集盤に乗り換えたんだと思います。

この当時、所謂カンタベリーのことを知ったきっかけになったような気がします。
それだけで意義があったかなー、なんて。
[2008/05/25 12:44] URL | chitlin [ 編集] | TOP ▲
>chitlinさん

これですね、今聴くと意外と良いんです。
当時あまりピンと来なかったんですが。
カンタベリーとの繋がりにも気付かなかったですし。

繋がりと言えば、ケヴィン・エアーズの最新作にはこのバンドのヴォーカルが参加しているみたいですね。
[2008/05/25 13:02] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/861-d99b2d7d
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。