スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
サイン入り
TOP ▲
Like Someone In Love

Hiroshi Minami Trio
Like Someone In Love


4月にリリースされたばかりの、非常に楽しみにしていた1枚。
前からライブを見てみたいと思いながら、いろいろとタイミングが悪かったり、妙に外すことが多くて、未体験。
だから余計にアルバムが楽しみだった。

で、このアルバムのリリース記念ライブも、都合が悪くて見に行けず。
言った友人からは、やたらと「買って、買って」と連発していたと聞いていたので、見に行く予定にしていたNo Trunksではどうだろう、と思っていたら、やっぱり「買って、買って」と仰っていました。
そして、No Trunksで購入。
サイン付き。
もちろん、買ってと言われなくてもこの日に買うつもりでいたのだけれど。
ちなみに、キャスパー・トランバーグのライブの時はどういうんだろうと思っていたら、「人助けだと思って買って」と仰ってました。

それはともかく。
聴いて一発で気に入り、それから何度も聴いているけれど、聴く度により深くはまっているところ。
隅々まで気を配った音の雰囲気、選曲、曲順も素晴らしい。
南さんのもうひとつのグループGo There!とは、メンバーが2分の1以上重なる(ドラムがどちらも芳垣さんというだけなんだけど)にも関わらず、見事に別の音楽になっているし、同時にどちらも南さんらしさを感じるし。
はっきりと分けられるものではないけれど、Go There!では南さんのヨーロッパ的な部分を、こちらではアメリカ的な部分を感じる。
そして、もちろん、どちらもそれらがほどよくブレンドされていて。
さらにGo There!の時以上にジャズな芳垣さんのドラミングがあまりに見事。
毎度のことだけど。
そして、鈴木正人さんのベースも存在感があり、とても印象に残る。

これは、ますますライブを見なければ、と思っているところで、どうにか来週やっと見ることができそう。
スケジュールを確認すると、しばらくライブの本数も比較的多いようだし、行ける限り行ってみたいと思う今日この頃です。



清水が続きます。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2008/05/31 17:58] | Jazz | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪こういう成熟の仕方 | ホーム | 見事にブレンドされてます≫
コメント
おっ、ジャケ買い決定!!
なんて~良さそうだね~
って悪いわけないね~
今度のライブは2500円持って行かなきゃ。
[2008/05/31 19:17] URL | ホソケン [ 編集] | TOP ▲
>ホソ兄

そう、そうなんです。
書くの忘れたけど、ジャケットも秀逸。
よくある綺麗な女性が写っているだけのとは雰囲気も違うんです。
おすすめです。
[2008/05/31 19:35] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/870-3b7a6761
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。