スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
缶入り
TOP ▲
Metal Box

Public Image Ltd
Metal Box


何を今更という感じもしなくはないが、つい買ってしまった。
ちょっと前にHKさんの日記で紹介されているのを読んだのがきっかけ。
このアルバムと次の"Flowers Of Romance"は、かなり以前に友人に借りて聴いたことがあって、その時はどこが良いのかさっぱり分からなかった。
それは多分、Sex Pistolsのイメージから抜けきれなかったからだ。
ライドンになってからの、あまりに違う歌い方に馴染めなかったし、ニュー・ウェイブ系の音楽の持つ曖昧な感じがちょっと苦手だったのもある。
そして、今聴いたらどうかな?って言う気持ちを、特にこのアルバムに対して、漠然と持ち続けていて、今回、ちょうど良い機会になった。

で、実際に聴いてみて。
これはもう、ベースのための音楽。
ベースだけでいい。
誤解を恐れずに言ってしまいえば、ヘタクソなギターがいらないなあと思う箇所もあったし、ボーカルについては、以前みたいに違和感はまったく感じなかったものの、別に入ってても入ってなくてもどっちでもいい。
ジャー・ウーブルのベースもこの頃はまだ下手なんだけれど、多分、この時でしか表現できなかったというか、この時の瞬間を切り取ったようなものなんだろうと思う。
普通に弾いたらかっこ悪くなってしまいそうなスレスレのところをかっこ良く弾く、というのはやっぱりセンスあってのもの。
いや、もしかしたらかっこ悪いまんまでかっこ良いのかも。

Canあたりの影響が強い、なんて言われているようだが、それも改めて聴いてみて、ようやく理解できた。
どちらかと言えば、ダモ鈴木脱退以降のCanからの影響だろうか。
ジャー・ウーブルは、その後、Canのメンバーとアルバムを作ったりしているのも面白い繋がりだ。

と、インパクトの強かった部分に関して書いたりしてみたものの、日常的に聴きたいかというとそこまでではない。
ただ、このアルバムの後続に与えた影響というのはかなりのものだろうということは想像できる。
特にダブを取り入れたクラブ・ミュージック方面だとか。
あと、Dub Narcotic Sound Systemなんかにも意外と影響与えているのかな、なんて感じた。
よく、45回転の3枚組で発売されたオリジナルの缶入りレコードと比べ、このCDは音が全然だめだなんてことを言われている。
CDとしては比較的ましな方なんじゃないかと思うが、レコードの方は聴いたことがないので比較のしようがない。
機会があったら聴き比べてみたいけど、プレミアの付いたレコードを買う気にはならないし...。

[2005/11/26 00:20] | Rock | トラックバック(0) | コメント(7)
この記事のURL | TOP ▲
≪良いんじゃないでしょうか | ホーム | もっと掘らねば≫
コメント
>Dub Narcotic Sound Systemなんかにも意外と影響与えているのかな、なんて感じた。

あー、なるほど。
クラブミュージックっぽくしたいけど、ヨレてしまうところとかねw

[2005/11/26 03:10] URL | DT+Cui [ 編集] | TOP ▲
>DT

>クラブミュージックっぽくしたいけど

別にぽくしたいとは思ってないんじゃないかな。(笑)
[2005/11/26 09:42] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
おー到着しましたね・・。

やっぱりダブの進化形ですよね。
そしてこれはダンスミュージック。
すごく気持ち悪いけどすごく気持ちいい。


僕は、Sex Pistolesも好きなので、
よくこれだけ短時間に全く違う2つの偉業をやったな~って思っています。
まー晩年(死んでないけど)の鮮度が無くなって腐っていく感じはひどいけど(泣笑)
[2005/11/26 10:58] URL | ホソケン [ 編集] | TOP ▲
懐かしいですねぇーー

昔、レコード屋さんの店員だった頃に発売された商品で、売った記憶があります。
[2005/11/26 12:17] URL | shiroo [ 編集] | TOP ▲
>ホソ兄さん

凄くいびつなダンス・ミュージックですよね。
俺もSex Pistolsはそれなりに好きだったので、以前はこれの面白さが分からなかったんです。
パンクとレゲエの結びつきはこれより前からあったけど、ここまでダブを前面に打ち出したってのはやっぱり凄いインパクトだったんでしょうね。

>shirooさん

もしかして缶に入ったレコードですか?
15年くらい前でも、中古で8000~10000円位してましたから、今いったいどのくらいの値段がついているんでしょう。
[2005/11/26 13:01] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
懐かしいねー(笑)。
ただ、確かにピストルズよりも現代にマッチしてる気がします。
当時は聴いていて良く解らなかったんだけれど、
いろんな音楽をそれなりに聴いてきた後に接すると、
「なるほど」といった部分もあるんではないかと。

この辺は、Bush Of Ghostsと似通ったモノがあるかもしれないなぁ(と、勝手に一括り)。
[2005/11/28 23:09] URL | kikka [ 編集] | TOP ▲
>kikkaさん

あー、あなたもですか。(笑)
妙にみなさんの反応良いんですよね、このアルバム。

>ピストルズよりも現代にマッチしてる

ですね。
ピストルズは笑いなくしては聴けないですからねえ。
俺、ピストルズは好きだったけど、"Never Mind The Bollocks"は全然好きじゃないし。

>Bush Of Ghostsと似通ったモノがあるかも

そう思います。
後の音楽への影響力という意味でも。
[2005/11/28 23:39] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/88-53f575dd
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。