スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
こんなのもありました
TOP ▲
Melody Inn

Idha
Melody Inn


つい最近まで、このアルバムを持っていることすら忘れていたのだけれど、なんとなく聴いてみました。
クリエーションよりリリースされた、94年のファースト・アルバム。
考えてみると、こんなブログを始めてから取り上げた女性アーティストって凄く少ない。
それもそのはずで、昔から、女性アーティストを気に入って繰り返し聴くこと自体が少なくて、特に好きなアーティスト、バンドを挙げるとなると、やはり女性アーティストの名前が入って来ない。
なぜだろう。

で、このイーダと言うスウェーデンの女性シンガー。
気に入っていた、という訳ではなくて、全然聴いていて嫌ではなかったけれど、特別個性的な訳でもなく、楽曲が印象に残る訳でもなく、とにかくあまりにも突出したところのない、可もなければ不可もない、という感じ。
スウェーデンの人だということすら、実は全然憶えていなかったほど。
なんで買ったかというと、多分、ジャケットの雰囲気が良かったからとか、そんな理由だったと思う。

で、久しぶりに聴いてみまして。
ちょっとビックリしたのが、思っていたよりもずっと内容を憶えていたこと。
ああ、そういえばこんな曲あったなあと、思い出したりして。
さらに聴いていて、意外と心地良かったりも。
リリース当時だと、多分、まだ少しカントリー寄りなものに抵抗があって、今だとその辺がクリアになっていることも大きいと思う。
ただ、印象は概ね以前と変わりないし、今からヘヴィー・ローテーションってこともないと思うけど。
可もなく不可もなく、ってところから、少し可の方へ傾いた感じだろうか。
いや、全然悪くはないんですけどね。

ついでに、もう1枚アルバムがあることを知ってしまったけれど、今のところ聴いてみる予定はありません。



テンポよく進みます。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2008/06/25 22:23] | Folk | トラックバック(1) | コメント(4)
この記事のURL | TOP ▲
≪タイトルがいいですね | ホーム | 生音最高≫
コメント
>ついでに、もう1枚アルバムがあることを知ってしまったけれど

え~、実はこれ、以前piouhgd氏宅に持っていって聴かせた事があります。2000年位だったかな。
1stに比べると、楽曲のまとまりがよくなっていて、メロディに存在感が出た感じ。
特に一曲目は中々いい曲で、当時piouhgd氏も「1stよりいいじゃん」って言ってました(笑)
[2008/06/25 23:54] URL | DT+Cui [ 編集] | TOP ▲
>DT

あれ?そう?
全然記憶にないなあ。(笑)
忘れてなかったら、今度また聴かせておくれ。
[2008/06/26 00:00] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
彼女こそ私の女神です!
(ミューズとは言えなさそうですけど)

ホントに美しいお方で、そういう意味でメロメロになってましたね~。

シングルB面曲など諸々含めた再発希望です。
[2008/06/30 23:19] URL | chitlin [ 編集] | TOP ▲
>chitlinさん

やっぱりお好きでしたか~。
そうじゃないかと睨んでました、実は。(笑)
少々、chitlinさんとは温度差があることは否めませんが、トラックバックまでありがとうございます。

そう言えば、OasisもRideもあんまり興味がないので(失礼)触れなかったのですが、アンディ・ベルがOasisにいることを、この人について調べていて知ったばかりでして、ちょっと驚きましたよ。
chitlinさんも記事に書いておられますね。
[2008/06/30 23:56] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/888-b2ae0fde
Idha / Melody Inn (1994)
 Idhaという方は現在、引退状態であり元Ride・現OasisのAndy Bellの奥様です。  1991年7月8日に行われたRideのNHKホール公演を観に行った時のことです。  座席を確認した後、ふとロビーへと向かいました。  当てもなくうろついていたところ、絶世の美女が独り とばすぜ ハイウェイ[2008/06/30 23:21]
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。