スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
これもちょっと苦手だったんですが
TOP ▲
Tim Buckley

Tim Buckley
Tim Buckley


良い機会なので、ついでに親父の方も聴いてみました。
ティム・バックリィの66年のファースト・アルバム。
この盤が98年に再発されたもののようだから、10年くらい前だろうか、なんとなく興味を持って買ってみたもの。
あまりはっきり憶えていないけど、たしかニック・ドレイクのような感じで聴けるものはないだろうか、とかそんな理由で興味を持ったような憶えが。
でも、思っていたのと全然違う音だったし、声や歌い方にあまりしっくり馴染めなかった。
その後、"Lorca"が良いとか、そんなことを友人から教えてもらって、それなりに気にはしていたものの、結局聴いたのはこれ1枚きりで終わる。

で、改めて聴いてみますと。
思いのほか、違和感なく聴くことが出来た。
以前は、今ひとつ馴染めなかった歌声も特に気になることもなく。
この時代特有のサイケがかった音ながら、かなり個性が光る感じに好感を持った。
やっぱり少々古臭さは感じるし、この人ならこれ、というほどのものではないかな、とも想像できるけど。
でも、これ以降も聴いてみたいと思えるほどには楽しめていると思う。
もう1、2枚、手を出しておけば良かったかも、と今更言ってもしょうがないけど、そう思った。

今のところ、なんとなく聴き流している程度なので、こんなところです。



朝です。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2008/07/09 21:53] | Rock | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪なくならないうちに | ホーム | やってる人達が凄く楽しそうでした≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/897-7e887ede
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。