スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
薄皮一枚で繋がった感じ
TOP ▲
DSCF5640

Bozo
07/11/08 No Trunks - Kunitachi, Tokyo, Japan


昨年一度見たきりで、その後何度も見ようと思いながらもタイミングが合わずにいたBozoを、やっと再び見ることができた。
No Trunksでは今までデュオ形式のライブしか見たことがなく、カルテットとなるとあの広いとは言えない店で、どういうセッティングになるのだろうと思っていた。
すると、こんなセッティング。

DSCF5644

特に気になっていた外山さんのドラムが、凄いことに。
胴の深いフロアタム兼バスドラ、底にペダル付き。
かなり小さいタムがひとつに、さらに小さいスネアがひとつ、シンバルとハイハットが二段重ねで取り付けられている。
そして、スタンディングでの演奏。

で、スタート。
ファースト・セットは、年内にリリースされるらしい新しいアルバムからの曲から。
まだ、見るのは2度目だし、アルバムもライブ盤参照)しか持っていないので知らない曲も多いが、そのライブ盤のおかげで、雰囲気は分かるし最初に見た時よりも細部を楽しめ、面白い。
4曲目あたりで、「俺、この曲抜けるわ」と南さん。
理由はよく分からないけれど、弾くのも演奏、弾かないのも演奏、と言うべきか。
その場での、そういった判断が面白いなと思う。
ファーストの最後は、そのライブ盤の中でも好きな曲、"Equibirium"(だったと思うんだけど)で終了。

そして、セカンド・セット。
ファーストよりも、知っている曲の率が高く、より楽しむことができたと思う。
もちろん、知らずとも楽しむことはできるけど、知っている曲、好きな曲があるとさらに楽しいのはたしか。
4曲目あたりで外山さんがカウベルを取り出すので、どこに取り付けるのかと眺めていると、左手の親指、中指、薬指に金属の指輪のようなものをはめ、カチカチとリズムを取り出した。
その間、右手はスティック2本、あるいは1本を持ち、シンバル、ハイハット、タム、スネアを叩く。
演奏そのものはもちろんのこと、見ているだけでも面白すぎる。
南さんが、ピアノの演奏のない間、外山さんの手元を興味深そうに眺めていたのが印象的だった。
最後は、やはりライブ盤の中で好きな曲、"Easy Crunch"で終了。

そして、ほとんど間を置かずにアンコール。
南さんの"Elegy 3"。
5月の津上さんと南さんのデュオでも演奏していたけど、今回はベースとドラムもいるし、雰囲気の違いが面白かった。

アブストラクトな展開が多く、変な言い方だけど、メンバー間が薄皮一枚で繋がっていて、時々ブチッと切れそうになったり、時々中央にギュッと集まったり、集まったかと言えばまた散って行ったりの繰り返し。
ライブ盤を何度も聴いてそんな印象を持っていたのだけれど、それをそのまま生で堪能することができた。
南さんのソロの時、間違いなく南さんの音だし、南さんの世界に入るが、Go There!ともトリオとも雰囲気が違うのが、当たり前だけど、そこも面白いし。
外山さんのドラムがイレギュラー(褒め言葉です)なだけに、水谷さんのベースの役割も面白いし。
今度は、また、通常のドラムセットでも見てみたいと思う。

そんな感じで、かなり楽しみました。
早めに行ったらリハも少し見ることができ、少し得した気分です。



朝です。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2008/07/12 22:48] | Live | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪繊細 | ホーム | なくならないうちに≫
コメント
さすが外山さん
まあ、椅子があっても立ってしまう方ですからね。
それにしても極端なセッティング(っていうかセレクト)。
看板、山の字がかわいいですね。
[2008/07/13 13:32] URL | Mongo [ 編集] | TOP ▲
>Mongoさん

芳垣さんのドラムセットも毎回楽しみなのですが、外山さんも面白すぎますね。

>山の字

そうなんです。
今回、CD買って、全員にサインを頂いたのですが、外山さん直筆のサインもかなり変わった感じでした。(笑)
[2008/07/13 17:17] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/899-97a10888
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。