スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
佐藤さんから鈴木さんへ
TOP ▲
インタリュード

与世山澄子
07/15/08 晴れたら空に豆まいて - Daikanyama, Tokyo, Japan


数日前まで行こうかどうしようか迷っていたけど、やっぱり行ってみました。
昨年11月以来の与世山さん、場所は同じく代官山。
到着するとリハが押していて、中に入れたのは開場時間の約30分後。
予約したのが遅かったので整理番号が遅かったのだけれど、そのわりには良い席に座れた。
でも、ドリンクと食事を注文し、引き取って席に着くまでに15分ほどかかった。
どうも落ち着かない。

で、スタート。
まずは、バンドのみで3曲。
今回は、ピアノに南博さんの他、ベースに鈴木正人さん、サックスに津上研太さんと、それぞれ別のバンドではあるけれど、南さんとともにパーマネントな活動をしている人達ばかり。
今回、この日のライブを見たいと思った大きなポイントのひとつ。
最初、妙にベースの音が大きかったり、ちょっとバランスの悪いところがあったけれど、演奏が進むにつれ、ギュッと凝縮して行く感じた良かった。
2曲目には南トリオのアルバムにも収録の"How Insensitive"なども。

そして、与世山さんが登場し、5、6曲。
曲数も不確かな上、曲名も憶えてません。
が、相変わらずパワフルな歌唱で、こちらも曲が進むにつれ、バンドと息が合って来る様がとても良かった。
ステージ上でのマイペース振りも。
ファースト・セット、ちょうど1時間ほどで終了。

で、セカンド・セット。
休憩中、南さんの譜面台に置かれた譜面には、やはりトリオのアルバム収録の"Solar"の文字があったので、ひとり喜んでたら、1曲目、その"Solar"から。
トリオのアルバムに収録されている曲は、この次の"Chelsea Bridge"と、計3曲演奏されたけど、ドラムレスであることの違いが一番大きかったのが、"Solar"だったかも。
"Chelsea"も素晴らしかったけど。

そして、もう1曲3人だけで演奏し、与世山さんが再び登場。
筒状に丸めた紙を手に。(この謎は後で解けました。)
やはり、5曲か6曲ってところ。
そして、パワフル。
さらにファースト・セットよりも熱がこもり、とても素晴らしい。

で、聴き憶えがあるメロディーが出て来たので、よく聴いてみると"You've Got A Friend"。
好きな曲なので、嬉しい。
ライブの間中、ノリノリで楽しげなオバサマが一人いたのだけれど、この曲でコーラスを入れだす。
コーラスと言っても適当じゃなくて、ちゃんとノリを考えたもので、声もちゃんと出ているし、妙にうまい。
もしかしたら、ご自身も歌ってる方なのかも。
しかも、このオバサマの、「まだまだ」の声に煽られ、演奏も延長という面白いことに。
サム・クックのライブ盤参照)の客って、こういう人ばっかり(いや、それ以上の人達ばかり)だったんだろうなと、想像しながら楽しみました。

そんなこんなで、ラストの曲。
与世山さんが引っ込む前に、演奏を続けながら、メンバー紹介という趣向に。
そこで、例の紙を見ながら。
昨年のライブの時、南さん、菊地さんはともかくとして、ベースの佐藤さんという方の名前を憶えていなくて、本人に尋ねるということがあったので、そのためか、と納得。

そして、アンコール。
"Left Alone"に"What A Wonderful World"という、スタンダード曲をあまり知らない自分でも知っている有名な曲で終了。
津上さんのソロも熱かったです。

行き慣れない場所ゆえ、なんとなく落ち着かなくもあったのだけれど、演奏は素晴らしく、大変満足でした。
内容は、前回よりも良かったんじゃないかと思う。
今思えば、ではあるけれど。
なかなかヴォーカルものを見る機会がない(いや、行けば良いだけなんだけど)ので、楽しみました。



初、一人水族館。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2008/07/16 22:17] | Live | トラックバック(0) | コメント(4)
この記事のURL | TOP ▲
≪本質 | ホーム | 前進≫
コメント
なかなか見えない方ですからね
沖縄まで行けば聴けるんでしょうけれど。
"You've Got A Friend"までやりましたか。
なかなか充実した曲ですね。
[2008/07/16 23:49] URL | Mongo [ 編集] | TOP ▲
>Mongoさん

そうなんです。
でも、あのアルバムリリース後、年に1、2度は東京へ来ている様子です。
とても良いライブでしたよ。
[2008/07/16 23:52] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
そのオバさま見てみたかったですw

サム・クックのハーレムでのライブのコール&レスポンスは凄いですから、
きっとあの黒人女性並みに凄かったんでしょうね。

よく日記で登場する、南博トリオが気になって仕方がないので今度聴いてみることにします。
お薦めのアルバムとかあれば教えてください。

読みは、「なんぱくトリオ」でいいですか?w
[2008/07/18 10:55] URL | 元親 [ 編集] | TOP ▲
>元親さん

ノリノリでしたよ。
まあ、サム・クックのライブ盤の客に比べれば、おとなしいんでしょうけど。(笑)
周囲に迷惑をかけるようなやつは嫌いですが、周囲も楽しくさせるようなのは良いですね。

>お薦めのアルバム

今のトリオとしてののアルバムは、1枚だけです。
ぜひぜひ聴いてみてください。
携帯の待ち受け画面にするほど気に入っています。(笑)

http://piouhgd.blog17.fc2.com/blog-entry-870.html

>「なんぱくトリオ」

え~、スルーしときます。(笑)
[2008/07/18 11:02] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/902-2ef34619
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。