スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
断片
TOP ▲
Time Has Told Me

Nick Drake
Time Has Told Me


ついでにブートをもうひとつ。
前回"Tanworth-In-Arden 1967/68"と同様の音源や、デモ・テイク、未発表テイク、曲の断片、などなどが収録された2枚組。
これは、もともと3枚組のアナログを5年だか6年だか前に手に入れたのだけれど、その時はCDがリリースされていることを知らず、その後2、3年経ってから、とある大手の輸入盤店でCDを見つけた。
でも、値段が、6千円だか7千円だか、とんでもない値段。
思わず魔が差し、買いそうになってしまったけど、その時は冷静に踏みとどまった。
で、なんとなく手軽に聴けるCDが手に入るなら欲しいとは思いつつ、特に探す訳でもなく過ごしていたら、つい先日、まともな値段で売っているのを見つけてしまい、やっぱり買ってしまったという次第です。

前半は、"Tanworth"と曲が重複しているし、"Tanworth"に入っていない曲も今は"Family Tree"参照)で聴くことができる(チェックしてないから全部かどうか分からないけど)し、取り立てて新鮮味はないかも。
聴きどころと言えば、デモやテイク違いを中心とした後半だろうか。
後にアルバムに収録されたテイクよりも、もっと古臭い感じにアレンジされたストリングスなどは聴いていてい面白かったし、未発表曲もインストではあるけれどなかなか良い曲で、これが正式に録音されていれば、と思わずにはいられない。

ただ、全編ヒスノイズがあり音も良くないし、徐々にここまで収録しなくても良いだろうと思うような断片も多くなってくるから、やっぱり誰にでも薦められるような類いのものではないのはたしか。
昨年ようやくリリースされた"Family Tree"はこういうブートを一掃するためにリリースされたものだから、それを聴けば充分だと思う。

でも、このアルバム、ブートのわりにはモノクロのジャケットが良いのと、フルネームで"Nicholas Rodney Drake"と記してあるところがなんとなく魅力です。



イソギンチャクやら、イルカやら。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2008/07/24 22:16] | Folk | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪せめて逆じゃないでしょうか | ホーム | 希望≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/909-9d52ed85
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。