スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
日によって違うもんです
TOP ▲
Miles Davis

Miles Davis
10/03/64 Johanneshov Isstadion - Stockholm, Sweden


しつこく続けます。
今度は、フランスの2日後、64年10月3日、スウェーデンのストックホルムでの演奏。
これもどうやらラジオで放送されたものが元になっているらしい。

まず、1曲目"Autumn Leaves"の最初の方でバリバリとノイズが。
ここのところiPodで使っているイヤホンの調子が悪いのでそのせいかと思っていたけど、どうやら音源そのものにバリバリ入っているらしい。
そのくらいしょうがないですが。
で、iPodで聴いた時には、ベースもドラムも聴こえるし、比較的バランスも良く、わりと良い音に聴こえた。
でも、スピーカーを通して聴いてみるとちょっと低音が強すぎ、ボワンボワンと音が回ってしまう感じに。
まあ、これもアンプで調整すればもう少し何とかなると思うので、しょうがないです。

で。
2日前のフランスでは、ドバーッと大放出気味だったウェイン・ショーターが、少しばかりグッと押さえて演奏しているように聴こえ、日によって結構違うもんだなあと素直に関心。
そして、聴きどころは、"So What"も"Stella By Starlight"良いけれど、何と言っても"Joshua"。
勢いが凄い。
意外と(?)感じる、ロン・カーターの存在感。
ラストのお馴染み(?)"The Theme"、始まったと思ったら、あっさりフェード・アウト。
残念。

という訳で、一般的に言えば決して音が良いものではないけど、ずっと聴いていると慣れて来るのが不思議。
ありがたいです。



タコとエイと小魚。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2008/08/06 22:14] | Jazz | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪5つ並べてみました | ホーム | 対比が面白い≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/919-a5d34665
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。