スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
受け入れ難い(のは内容じゃないです)
TOP ▲
Blue

Joni Mitchell
Blue


先日、"Ladies Of The Canyon"を久しぶりに聴いてちょこっと書いてみたりしたら、思いのほか周囲からの反響が大きく、人気の高さ、評価の高さを実感した次第。
そして、もちろん、この人自身の才能の高さも。

なので、良い機会だから興味もあったし、少し聴いてみようとまず手に入れたのがこのアルバム。
"Ladies"に続く71年の4枚目。
なぜこれが最初かというと、検索して上の方に出て来たからなんとなく、とかその程度の理由です。
でも、一応少し考えて、ライノから昨年リリースされた盤が、Amazon.comのマーケットプレイスで安かったので、それを選んでみた。
詳しくは知らないけど、リマスターでもされてたら嬉しいなと思って。
そして、その後、CD屋で実物を確認すると、紙製のジャケットで、なかなか良さそうな雰囲気だったので楽しみにしていた。

で、数日前、それが届いた。
でも、CD屋で確認したのと異なり、なぜかプラケース入り。
よく見るとジャケットがプラケースに入るよう切り取ってある。
しかも、結構適当に。
その上、ステッカーがべたべた貼ってあり、CDの盤面はステッカーとさらに全体が透明のシールで覆われている。
よく見ると「フェニックス図書館」と書いてあり、どうやら図書館で貸し出されていたCDらしい...。
たしかに出品者自身のコメントには"Acceptable"と書いてあったので、多少汚れていたり、ボロかったりするのは覚悟してたけど、レンタル落ち以上に嫌な状態で送られて来たのでがっかり。
買い直したいほど。
という訳で、タイトルは内容についてではなく、送られて来た商品として、ということで。

内容については、ただただ素晴らしく、素直に気に入ってしまった。
表現にもさらに磨きがかかり、グッと深まっているようにも聴こえるし。
"Ladies"も曲や演奏は素晴らしかったけど、音作りの面で少し抵抗があったので、このアルバムの方がもっと入り込めそう。
いずれ"Ladies"の方の音作りのことも気にならなくなるような、そんな相乗効果も期待しながら。
これは良いです。
気付けば、感想よりも前置きの方がずっと長くなってしまったけど。

余談として。
出品者への評価を低くしたので、念のため、自分が書いたコメントをチェックしてみたら、出品者から返答が来ていた。
どうも、返品に応じてくれそうな様子。
前にもケースが割れてたり、ジャケットが色褪せてたりして、評価を低くしたら、評価を変えろと言って来た業者がいたけど、それに比べたらずっと良心的、っぽい。
念のためメール出してみますか。



クラゲが登場。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2008/08/13 23:26] | Folk | トラックバック(0) | コメント(4)
この記事のURL | TOP ▲
≪7年ほど遡ります | ホーム | ラボ≫
コメント
フェニックス、アリゾナ?
お、入手されましたか。
このアルバム、どれも名曲で捨て曲なし。と思っていますが、10代で聴いた頃は今では大好きなRiverとか、ケっ!と思ってました。子どもにはわからないタイプの音楽なんでしょうか。単に私がアホだったんでしょうか。
一番好きだったのはThis flight tonightです。とにかくしびれます。何度聴いたか。
フェニックス図書館って…。返品しないで持ってれば。
[2008/08/14 00:22] URL | CHIKAKO [ 編集] | TOP ▲
>CHIKAKOさん

はい、まずはこのアルバムから行ってみました。
じっくり聴き込むのはまだこれからですが、素直に楽しめました。
10代に聴いてたらどうだったかなあと考えると、多分自分もよく分からなかったんじゃないかと思います。
"River"に"This Flight Tonight"ですね?
再びチェックしてみます。

>返品しないで持ってれば。

返品できたら、ちゃんとしたやつを買い直すつもりなのです。
何かこう、こんな状態の物を買ってしまった自分と、そんな状態の物が手元に残っているのが嫌なんです。(笑)
まあ、良い経験になりました、ということにしておきます。

"Acceptable"には気をつけましょう。(笑)
[2008/08/14 00:40] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
箱から何枚か出してきました
こんにちわ。
昨日花火を見ながらシュハスコしてきました。

素敵な音楽ですよね。
以前にも書いたのですが、彼女から女性的な強さを感じないのです。女性的な弱さと強さが出て、女性的な表現だと思っているのですが、女性的な弱い部分ばかり感じてしまうのです。

それを克服する為に純粋に音楽的に作ろうとして行った様な感じがすると言うのが私の彼女へのイメージなんですよねー。
[2008/08/14 10:41] URL | falso [ 編集] | TOP ▲
>fさん

花火でシュハスコ、良いですね~。
まざりたいです。

あまり深く考えたことは無いですが、言われてみると、女性的な強さの出た音楽って少し苦手な気がします。
いや、性別問わず、どちらかといえば情けなかったり、ダメな感じだったり、そっちの方に惹かれることが多いですね。
音楽の種類にもよりますし、例外もありますが。
この人も、やっぱりどこか痛々しさがあって、これからそこにハマりそうな気がしております。
[2008/08/14 18:34] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/925-e7476da7
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。