スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
フリージャズ、再び
TOP ▲
船戸博史

船戸博史×芳垣安洋
09/07/08 Knuttel House - Matsugaya, Tokyo, Japan


金曜は南博トリオ、土曜日は芳垣さんのMultilulti、そして日曜はこの船戸&芳垣デュオ、と三日連続の予定だったのだけれど、急用につき、金曜と土曜は断念し、日曜日だけいそいそと出掛けてきました。
その三日間のうち、無理矢理選ぶとするならば、初見のこのデュオの期待が最も大きかったし、気分転換も兼ねまして。
このデュオも初めてなら、なってるハウスも初。

そして、スタート。
この日は、船戸さん主導らしく、MCも船戸さんが担当。
声が小さい上、あんまりしゃべらず、居心地が悪そう。
でも、演奏が始まると、緊張感が凄まじく、演奏中としゃべっている時のギャップも凄くて面白い。
演奏内容は、予想していた通りと言えば予想通り、気心が知れた同士のぶつかり合い。
そして、単なるぶつかり合いだけで終わらないのは、当たり前だけど、お見事。
なんと形容して良いのか分からない、ぶっ続けの約40分。

で、今度は怖くないやつを、ともう1曲。
1曲目が終わった後、全力疾走と言っていたくらいで、ちょっと船戸さんの集中力が途切れてしまったのか、どうにも展開が定まらず、拡げ損ね、途中演奏をやめて、芳垣さんにどうしましょう?と尋ねたほど。
その後、水戸黄門のテーマらしきフレーズで強引に終了。
中途半端ではあったけれど、なんかこれはこれで面白かったりして。

休憩後、仕切り直し(?)のセカンド・セット。
ファースト・セットとはまた少し違った雰囲気で、芳垣さんの歌が入ったり、ドラム・ソロが入ったり。
今回は、見るのがまだ3回目の船戸さんの手元を主に凝視していた。
途中で弦の色が違うことに気付き、観察してみると、1弦と2弦がナイロン、3弦がラウンドワウンド、4弦がフラットワウンドだった模様。
ナイロンはともかく、ラウンドとフラットを併用している人は初めて見た。
結構、いらっしゃるんでしょうか。

で、息つく暇もなかったので、集中して聴き入ってしまい、その後どんなだったかうろ覚え。
たしか全部で3曲だったような気が。
ともかく、最後は静かめに。
そして、アンコールはなし。

という訳で、堪能しました。
終止にこやかにベースを弾く船戸さんの姿が印象的。
演奏は全然にこやかじゃないのに。
もうちょっとしゃべりも聴いてみたかったけど。
加えて、このデュオならもっと何かやってくれるんじゃないかと、またの機会に期待してます。

フリー・ジャズ。



久しぶりにモノクロです。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
[2008/09/08 23:15] | Live | トラックバック(0) | コメント(4)
この記事のURL | TOP ▲
≪ファズの味 | ホーム | まだまだ活動中、らしい≫
コメント
なってる
行きたかったんですけどねえ、これ。
船戸さん、ふちがみさんとの時は「はい」くらいしかしゃべりません。
MCをする姿、見たことありません。

>もうちょっとしゃべりも聴いてみたかったけど。
この一日で私の100倍くらい聞いてますよ、たぶん。
くやしい。

[2008/09/09 07:48] URL | Mongo [ 編集] | TOP ▲
>Mongoさん

面白かったですよ。
船戸さん、良いですね~。
ファンになりました。

>この一日で私の100倍くらい

そんなにですか!?(笑)
この日は、関西時代の話とか聞けるかなと、それも期待していたのですが、船戸さんが全然しゃべらないので、話も広がらず。(笑)
[2008/09/09 09:04] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
piouhgdさん、こんばんは。

船戸博史に芳垣安洋とくればどうしても「Sights」を思い出さずにはいられません。
このライブを実見してはいなくてもこれらの雰囲気はわかるような気がします。
ライブはもちろんいい日もあれば悪い日もありますが。
興が乗った時のベースとダンスを踊るような船戸の姿が思い浮かびました。

[2008/09/18 03:10] URL | sonny [ 編集] | TOP ▲
>Sonnyさん

お待ちしてました。(笑)

そう、"Sights"ですよね。
Sightsのアルバムを聴いた限り、この日のライブは雰囲気が少し違いますが、実際のSightsのライブではこういう方向にも展開することがあったんじゃないか、と想像してます。

>ベースとダンスを踊るような

なるほど~。
たしかに踊ってました。
今後、もっと凄い踊りが見れることを期待してます。
[2008/09/18 09:20] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/940-9266a71c
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。