スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
自分のやつはこれじゃないです
TOP ▲
Sea Change

Beck
Sea Change


脈略もなく、こんなところへ行ってみます。
2002年作。
先日、なんとなくiTunesでシャッフルしてみたらこのアルバムの曲が出て来て、そういえばこんなのもあったなと思い出し、久しぶりに聴いてみた。

"Odelay"を最後に、それなりに気になりつつも、新しいアルバムが出ても聴かずにいたのだけれど、このアルバムが出た頃、たまたまCD屋で耳にして久しぶりに買ったみたことを思い出す。
特に興味を持ったのが、8曲目の"Round The Bend"。
先日、iTunesのシャッフルで聴いたのもこの曲。
ニック・ドレイクを意識しているとしか思えない曲。
ちょうどニック・ドレイクばかり聴いている状態だったので妙にハマってしまい、このアルバムも聴きたくなったという次第。

買ったばかりのことを思い出すと、たしか凄く地味に感じて、最初はあまり聴いてなかったような憶えがある。
地味ということで言えば"One Foot In The Grave"参照)には及ばないけど、同じ傾向にありながらしっかりと作り込まれたこのアルバムが、最初は過剰に感じてしまったのだと思う。
その後、何がきっかけだったのか、あるとき突然しっくり来て、結構聴いていたけど。

久しぶりに聴いてみて、やっぱりオーバー・プロデュース気味に聴こえるところは多少あるけれど、なかなか味わい深くて良いなと思った。
まあ、元々好きなアルバムでもあるし。
この人はいろいろなことをやっていて、いろいろな面を持っていると思うけど、こういう地味な時が一番好きかもしれない。
全部の作品を聴いた訳ではないけれど。

そう言えば、リリース当時、ジャケットが4種類くらいあったはず。
国内盤だけだったかも。
自分のやつは、これじゃないです。



大阪、終了です。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2008/09/18 21:21] | Rock | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪ちょうど聴きたい感じに | ホーム | むしろ良いとは思うけど≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/945-678a82f7
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。