スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
これです
TOP ▲
Zen Arcade

Hüsker Dü
Zen Arcade


先日、yasさんが最近のボブ・モウルドのことを書いていて、Husker Duを一枚しか聴いたことがないんです、なんてコメントしたりしたので、良い機会だから久しぶりに聴いてみることにしてみました。
という訳で、yasさん、自分が聴いたのはこれです。

84年の、どうやらスタジオ盤としては2枚目のアルバムらしい。
アナログでは、2枚組の長い作品。
これがどうやらコンセプト・アルバムだということを知ったのは、つい2日ほど前のこと。
そのくらい、このアルバムはおろか、このバンドのこともよく知らない。
Dinosaur Jr.だとか、Nirvanaだとかを聴いていた頃、その辺りのバンドが影響を受けたということで何となく名前を聞くようになった中のひとつがこのバンドだった。
そして、そんなタイミングでボブ・モウルドがSugarとして"Copper Blue"をリリースしたりして、何となく注目するようになった。

で、何か聴いてみようということで、なんでこのアルバムを選択したのか憶えてないけど、たしか中古盤を見つけたからだったような気もする。
ただ、聴いたは良いけど、元々2枚組ということでこういうパンク・バンドにしては妙に収録時間が長いし、自分の好みからするとどうも煮え切らない感じがして、あまり気に入らず。
結局、このバンドを聴いたのはこれだけだし、Sugarも手に取ることはなく終わる。

このアルバムも、いったい何年振りくらいだろうというくらい久しぶりに聴いたけど、上記のようにあまり気に入らなくて、大して聴いたないので全然内容を憶えていなかった。
と思ったけど、改めて聴いたら、意外と憶えているところも多くて、そういえばこんなだったなあと思い出しながら、面白く聴けたりして。
ところどころで実験的とも言える試みがあって、単純なパンク・バンドではなかったことが分かったのも収穫だったかも。
それと、ルー・バーロウが作りそうな曲もあったりして、後のバンドへの影響力も少し垣間見れたのもなかなか面白かった。

ただ、やっぱりヴォーカルの処理だとか、来て欲しいところでグッと来ない感じで、どこか煮え切らず。
リズムの面でも、スッタン・スッタン、じゃなくて、スタスタスタスタ、と来て欲しい方なので、やはり煮え切らず。
実験的な試みも成功しているとは言えないところもあるし、むしろストレートな方が今聴くなら楽しめそう。

このバンドのアルバムをいろいろ聴いた上でなら、また違った感想になりそうな気もするけど、今からいろいろ聴いてみたいという感じでもなく。
とは言え、思っていたよりも、嫌いな音ではなく。
こんな感じで、自分の感想も煮え切らず。
すいません。

すっきりしないので、この後Deep Wound参照)へ突入。



松本城の中へ。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2008/09/27 15:01] | Rock | トラックバック(1) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪焼き物 | ホーム | 入ってきません≫
コメント
久々に聴いてみました。確かに僕も、初期の名盤と言われて手に取ったのに、ちょっと曲が単調でアルバム全体がやたら長いという印象を持っていたことを思い出しました。なので、ここに書かれていることはよくわかります。

ドラマーのグラント・ハートのソロアルバムを似た理由で売ってしまった僕としては、このへんの音作りはどっちかというと彼の好みだったのではないかと思っています。

安く見つけたとかのきっかけがあればでいいですが、シュガーの最初の2枚とか、ボブ・モウルドのソロアルバムは聴いてみる価値はあるかもしれません。
[2008/09/27 23:07] URL | yas [ 編集] | TOP ▲
>yasさん

さっそくありがとうございます。
これ、コンセプトアルバムだし、2枚組ということで、てっきりそこそこ活動してからのアルバムだと思ってましたが、意外や初期のアルバムなんですよね。
パンク系のバンドとしては結構珍しいかもしれませんね。

ただ、やっぱりちょっと表現力に乏しいところがあって、いろいろな音楽置きいてしまった今となっては、やっぱり物足りなさを感じてしまいます。
仰る通り、素直にSugarやボブ・モウルドのソロ作品を聴いた方が良いかもしれないですね。
[2008/09/28 01:37] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/952-2184d0b9
骨太ライヴ - Bob Mould
今年の頭に入手して以来、もう半年もの間、何度も記事にしようとしては他の話題に先を越され続けている、ボブ・モウルドの『District Line』というアルバムがある。この週末こそそれについて書こうかなと思ったんだけど、今日は珍しく2時間ほどぽかんと時間が空いたので、... 地味音楽の小部屋[2008/09/28 11:26]
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。