スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
味わい深い
TOP ▲
Crooked Line

Jesse Harris And The Ferdinandos
Crooked Lines


2002年にリリースされたセカンド・アルバム。
もう、1曲目からツボ。
この人の作品は遡れば遡るほど、音作りが素朴で、より好みだ。
最近のアルバムの、ちょっと洗練された雰囲気も好きだけど。
まず曲がとてもよくて、それをうまく表現する術をよく知っている。
そして、声がいい。
頼りない感じの声なんだけど、その頼りなさが特に。

3曲目"Where Are You Now?"という曲は、ニック・ドレイクのギターをヘタクソにするとこうなるかな、という雰囲気。
フレーズもどこか似ている。
4曲目の"I've Got To See You Again"は、ノラ・ジョーンズがファースト・アルバムの中で取り上げている曲だが、聴くまで気付かなかった。
いや、聴いてもしばらくはそのことに気付かないくらいアレンジが違っていて、どういう経緯でノラ・ジョーンズがこの曲を選んだのか分からないが、なかなか思い切った選曲だなと思う。

今日の今日までまったく知らなかったが、以前にはOnce Blueというフォーク・デュオで活動していたらしい。
なにやらリッキー・リー・ジョーンズに例えられたりしているようだ。
ノラ・ジョーンズが売れたことでこの人も脚光を浴び、Once Blue時代のアルバムも再発されているようなので、ちょっと聴いてみようと思う。
でも、日本盤はCCCDだから買わない。
Amazon.comだと1ドル以下で叩き売られているようなので、そっちにしよう。
[2005/12/05 00:22] | Rock | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪マイクの違いは分かりません | ホーム | ジャケ買いしたものの...≫
コメント
ノラつながり
以下ややうろ覚えですが。

ノラは地元テキサスの芸能コースのある有名な高校(ローリン・ヒルも卒業生)に通い、そのままテキサスの大学に進学して、地元で音楽活動をやっていて、そこへ、NYからジェシのバンドがツアーでテキサスに来て、知り合い、共演し、夏休みか何かにジェシがNYに彼女を呼び出してライヴ活動し、そんな流れで、結局大学中退してデビュー。ジェシとそのバンドはノラのデビュー前デモ作りから1枚目へと、ライヴ、スタジオとずっとサポートしてたのですよ。で、売れてきたので、自分の活動もあるし離れた、と。そんな経緯だったと、ノラデビュー時のバイオで読んだよ。確か。
[2005/12/06 10:24] URL | たに [ 編集] | TOP ▲
>たにさん

ノラってテキサスなんだ?
てっきりNYの人かと思ってました。
カントリーフレイバーは、ごく自然な物なんだね。
ジェシとの出会いも全然知りませなんだ。
その辺が音楽性にうまく表れてて面白いです。
[2005/12/06 11:23] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/96-cc6edbfa
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。