スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
想像とはちょっと違ったけど
TOP ▲
IMGP4647

Bohuslän Big Band
10/25/08 Musashino Civic Cultural Hall


先週の土曜日なるけれど、ボーヒュスレーン・ビッグバンドというのを見に、武蔵野市民文化会館へ行ってみました。
これは、スウェーデン在住のベーシスト、森泰人さんが主催するスカンジナビアン・コネクションの一環で、もちろん、その森さんもベースで参加。
その他、4月にピット・インで見たライブにも参加していたサックス奏者の2人も参加。
その他は、まるっきり誰が誰だか知りません。

内容は、例によって(?)2セット。
ファースト・セットでは、まず2曲ほどバンドのみの演奏。
4月に見たPersonkretsにも参加のヨーハン・ボリストルム(たぶん)が、トップバッターでソロ。
編成が全然違うからか、雰囲気もかなり違うような気が。

その後、ウガンダ出身のジャッキーという女性ヴォーカルをフィーチャー。
パンフレットの経歴を読むとスウェーデンでとても注目されている人らしい。
ヴォーカルを中心とした選曲のためか、じっくり、ゆったり聴かせる、いわゆるジャズ・ヴォーカル的な雰囲気の演奏が続く。
ジャッキーは、若々しい声で歌唱力もあり、なかなか聴かせるけど、曲によっては深みが欲しい、といったところ、ではあるけど、年齢は不明ながら、結構若そうだし、今はまだこんな感じ良いかもしれない。
終盤、事前にアナウンスされていた曲順の変更のところでジャッキーとバンド側でちょっと行き違いがあったみたいだけど、それほど問題もなく、無事終了。

休憩を挟み、セカンド・セット。
まず、"Watermelon Man"。
曲目を見る限り、ナット・アダレイやキャノンボール・アダレイ、ジェームス・ブラウンの曲なんかもあるし、ファーストとはちょっと違った雰囲気。
初めて見るし、作品も聴いていないので想像だけど、セカンド・セットの方が本来の姿だったのでは、と思う。

この後、現在、このビッグバンドの音楽監督を務めているというニルス・ラングレンが赤いトロンボーンを携えて登場。
両耳のピアスといい、服装といい、バンドのメンバーとは少し違う雰囲気の方。
○バヤシ・○キラみたい、とか勝手に思ってました。
ステージでの身のこなしもエンターテイナー的で、さりげなくメンバーを煽ったりして、活気づけていたのが印象的だった。
実際、ファースト・セットよりも演奏がピシッとしまっていたような気がするけど、どうでしょう。

セカンドの5曲目、スティングの"Fragile"では、そのニルス・ラングレンが歌声も披露。
最初こそ、え?歌うの?とは思ったけど、これがなかなか繊細な良い歌声で、見た目とのギャップに少々驚く。
赤いトロンボーンにちなんだ"Red Horn"というニルス・ラングレンのオリジナル曲の時、日本の国旗と同じ色、なんて言ってたけど、あのとき金管の皆さんが付けていたミュートの正面が全部赤い色だった。
あれも、日の丸を意識したサービスだったんだろうか。

そして、ジェームス・ブラウンの曲の後、再びジャッキーが登場し、"Summertime"。
しっとり来るのかと思えば、やっぱり終盤だけにノリのよいアレンジ。
続いて、"I've Got A Feelin'"では、客にコーラスをさせようと試みるも、最初は見事失敗。
でも、あのメロディー、結構難しいと思う。
あれはあれで会場が和んだので面白かったけど。

その後、アンコール。
終わりかと思えば、もう1度アンコール。
なかなか盛況のうちに終了。

前にこのビッグバンドについてちょっと調べた時、フランク・ザッパの曲を演奏したアルバムをリリースしていることを知り、実を言うともっと変わった演奏、曲を想像し、期待していた。
実際は、思っていたよりもずっとまともな(?)昔ながらのビッグバンドの雰囲気を受け継いだ、現代版のビッグバンド、という趣。
ちょっと期待とは違ったし、そこは少し残念ではあった。
でも、ひとりひとりがパーツになり、それぞれの役割をきちっとこなし、聴かせるところでは聴かせるけど、適度に抑制もされ、というのがなかなか面白くもあり、演奏する側としても少人数の演奏とは異なる気持ち良さがあるんだろうなあと思った。

という感じの、ビッグバンド初体験でした。

IMGP4652

IMGP4654




松本城の次はどこへ行きましょう。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2008/10/27 22:16] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪結構良いではないですか | ホーム | 印象、さらに薄≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/972-816d3f77
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。