スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
南さんのおかげです
TOP ▲
IMGP5059

南博3Days/Trio
11/02/08 Pit Inn - Shinjuku, Tokyo, Japan


という訳で(?)、2日目。
この日は、Trio。
トリオ、とは言っても、ドラムが芳垣さんということは普段の南博トリオと同じだけど、ベースが鈴木正人さんではなく、吉野弘志さん。
先日のなってるハウスでのライブも良かったし、南さん、芳垣さん、吉野さんという並びを見た時、ああ、やっぱりこれも見たい、と思っていた。
そして、これもまた、ジョアンの来日延期のおかげで、見ることができたという次第。
ジョアンの延期の裏では、南さんが動いたとの噂です。(?)

セットリスト、多分合ってると思います。

Set 1:
But Not For Me
Wildflower
I Loves You Porgy
How Insensitive
Eiderdown

Set 2:
All Of You
Mr. Snave
白鍵と黒鍵の間に~プロローグ(朗読)
Misterioso
Solar

Encore:
My Foolish Heart

この日は一体どんなことをやるんだろう、やっぱりスタンダードになるんだろうか、と思っていたらその通り。
その通りというか、普段の南さんのトリオで演奏される曲目そのまんま。
本当にベースが変わっただけ、でも、音の変化の方は当然そんな単純なものではなく。
吉野さんの堅くて芯があるけど、同時にふわっと柔らかいベースの音が入ると同じ曲でも表情が変わり、とても面白かった。
久々に聴いた南さんの著書の朗読に続いて、吉野さんのアルコ~ソロ、芳垣さんとの掛け合い、ここが格好良かった。
アルコの音も繊細で素晴らしい。

ベース・ソロでは、弾きまくるというのではなく、じっくり音を選び抜いた感じ。
その後ろでは、ベースの音をかき消さないよう、静かにバックアップする芳垣さんのドラム。
これがまた普段とちょっと違った感じ。
一方、ドラム・ソロではいつも通り大爆発。
やっぱり"Solar"のソロは特に凄い。

"My Foolish Heart"は、久しぶりに生で聴いた気がする。
締めにふさわしく、しみじみと聴き入る。
もちろん、全編に渡り、南さんのピアノを堪能。

1日目、2日目ともに楽しみました。
締めの3日目、Go There!を見に行くことが出来ないのが悔やまれますが、12月の横浜にぶつけます。


池袋から新宿へ歩いてみました。
IMGP5047




美術館から夕飯へ。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2008/11/03 14:53] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪自然な響き | ホーム | ジョアンのおかげです≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/976-8e252d1d
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。