スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
気の抜けた感じが良いのかも
TOP ▲
Neu! 2

Neu!
Neu! 2


先日、特に理由もなく久しぶりに聴いてみたこのアルバム。
73年のセカンド・アルバム。
ファースト・アルバムも持っているけど、iPodにはまだこのアルバムしか入れてなかったから、こっちを先に。
もうすっかり忘れてしまったが、実際に聴いたのもこっちが先だったような気がする。

このアルバムを買ったのは、もう15年くらい前。
よくこのバンドと並べられて名前が登場するCanは既に聴いていて好きだったので、このNeu!にも興味があったし、当時わりと好きだったStereolabがこのバンドに影響を受けているとよく言われてもいたので、そういう意味でも興味を持っていた。
でも、その頃、このバンドのアルバムはCD化されていたのか、いなかったのか、とにかく手に入りにくい状況で、ようやく再発、ということで手に入れたことを思い出す。
とは言っても、正式にリリースされたものではなくて、ブートレッグだったようだけど。

そんな期待の大きかったこのアルバム。
初めて聴いた時には、あまりにもStereolabがそのまんまなので、影響を受けているどころではないなと知り、笑ってしまうほどだった。
でも、ドラムの音作りの少し気の抜けた感じとか、ちょっとばかり期待していたのと違っていたこともあり、それを確認した程度であまり聴き込むには至らず。

なので、聴いたのはかなり久しぶり。
で、聴いてみたら、相変わらず気の抜けた感じではあるけど、ちょっとほのぼのとしたところもあって、意外と面白かったりして。
内容は、最初の曲くらいしか印象に残っていなかったけど、ひとつの曲を回転数をいじって数パターン収録してあったり、もうちょっと何とかならなかったのかと思うような古臭さも感じたけれど。
ただ、このバンドについて詳しいことはほとんど知らなかったので、調べてみたら、予算不足による苦肉の策でもあったようなので、まあ、しょうがないかなとも思う。

という訳で、どう考えても今から嵌るということはないと思うけど、最近はいわゆるプログレの不必要なまでに大袈裟なフレーズやら展開が少しダメになって来ていて、でも、こういう感じだったらたまに聴く分には良いかな、とそんな感じか。
それほど聴いてなかったわりには、他に2枚も持っているので、そのうちまた登場すると思います。



コウトノリです。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2008/11/27 22:03] | Rock | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪7:3くらいの感じ | ホーム | 当て字の如く≫
コメント
そう言えば、こんなの居たなぁ(笑)
こんにちわ。
印象的なジャケットが有名な彼らですが(笑)、、、申し訳ないのですが奥ーの方で寝ていて、発掘しないと出てこない現状ですぅ。
久しぶりにわかるBandだったのですが、残念な連中です(笑)。
[2008/11/27 22:44] URL | falso [ 編集] | TOP ▲
>fさん

どうも、少々ご無沙汰気味ですね。
そうですか、眠ってますか。
わざわざ起こすほどではないような気もします。(笑)
[2008/11/27 22:50] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/994-68a170c7
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。